ムートンコートの超簡単お手入れ術★

こんにちはー!
3月に入ってすっかり暖かくなってきましたね~
って今年は本当に寒くなかった・・・・
ムートン、レザー販売の身としてはある意味「寒すぎる」冬でした。。。

みなさんお持ちのムートンもあまり出番がなかったんじゃないでしょうか??
着なかったからといってそのままクローゼットの奥にしまっておくのは非常に危険ですよ。

そこで今回のテーマは「ムートンのお手入れ」についてです!

 

なんてタイムリーでためになることを書くのでしょう!!
自画自賛です笑

 

 

まず着ても着なくても、まずはムートンの肩のあたりを持ってバタバタと上下に振ってください。

この過程のポイントはほこりなどの毛に着いた汚れを落とすことと、毛や革に十分空気を入れてあげることです。

毛の部分はこの過程をするだけでも「ふわっ」としてくる場合もありますよ☆

 

十分バタバタと振ったのち、

しっかりと絞ったタオルなどで毛を拭いてください。

あまりゴシゴシと拭くのではなく、毛並みに沿って上から下になでるように優しく拭いて下さいね☆

 

 

しっかりふけたら次はブラッシングです!!

この時に役立つのは、ペット用のブラシです☆

最近では100均でも売ってますね☆

「お手入れ ムー...」の画像検索結果

これで毛並みに沿ってやさしくブラッシングしてくださいね☆

 

 

そして次に大事な過程は、

ポケットの中もしっかりゴミがないかチェックしてくださいね。

 

ティッシュにくるまったガムやアメ。

クッキーの食べ残しや、その他もろもろ・・・

こういったものが虫食いの原因にもなりますからしっかりとチェックしてください。

 

お父さんは飲み屋の領収書などがないかもしっかりと!!

これは夫婦喧嘩の原因になりますからね!!笑

 

しっかりと余分なものが取り除けたら、厚さ5cm程度のしっかりとしたハンガーに掛けて陰干しです。

 

そんなハンガーがないといった方は、家にある一番しっかりとしたハンガーに、

タオルなどを巻いて厚みを出してあげて下さいね。
その際、ボコボコして、肩周りの形が変わらないように気を付けて掛けてくださいね!

 

なぜかと言いますと、ムートンは天然素材です。

 

なので非常に形が変わりやすい(伸びやすい)ことがメリットであり、デメリットでもあります。

肩周りや、衿周りなど、一度形が変わってしまうとなかなか元に戻りません。

 

あつ~~いスチームを布をあてた上からじっくりと当てて戻していくのですが、

長い間形が変わったまま放置されたムートンはなかなか元には戻らないんです。。。涙

なのでこの過程はとっても重要です!

出来ることであれば、専用の厚手のハンガーをご購入されることをお勧めいたします☆
ハンガーに掛けて陰干しするときに、たまに毛の面を外に向ける方がいらっしゃいますが、

普通に毛の面を内側に向けて干して頂いて大丈夫です☆

毛の面を外に向けて干してはいけないってことはないのですが、どうしても革の面を内側にしてしまうと

ハンガーの当たりや変形が起きやすいので要注意です!

 

 

上記のことに気を付けて1日陰干しすれば大丈夫!

陰干しといっても雨の日は避けてくださいね!

ムートンに限らず、レザー製品の天敵は湿気です。

カラっと晴れた日に風通しの良い場所でお願い致します☆

 

 

続いて革面のお手入れです☆

ムートンではツルッとしたナッパ面タイプのものと、

スウェードタイプのものがあります。
ツルッとしたナッパ面タイプのものは、硬く絞った布で軽く拭いて下さい☆

あくまでかる~~~~くお願いします^^

袖口や衿周り、ポケットなどによくつく黒くなった汚れ。

明るいお色は特に目立ちますよねー

この汚れには「消しゴム」が効果的です!

 

きれいな消しゴムをご用意(なければ汚い面はカッターで切ってきれいな面でお願いします)

そしてかる~~~く汚れた部分をこすってください☆

簡単に落ちますよ^^

時間がたてばたつほど落ちにくくなりますから、なるべくこまめに汚れを見て、

こすってあげてくださいね☆
こすりすぎると革の表面がはがれちゃいますのでかる~~くお願いします^^

 

つぎにスウェードタイプのものは、ブラッシングです!

コーナンなどに行けば売っている靴用のなるべく毛が柔らかいブラシ。

JEWEL 白毛ブラシ - -

こういうものです☆
これでかる~~~くブラッシングしてください。

スウェードは起毛素材ですので、着ているうちにだんだん毛が寝てきます。

その毛を起こすようにブラッシング★

高級に見える反面、水分や汚れにはちょっと弱いところが弱点ですが

こまめにお手入れしてあげれば問題なし!!

 

きれいにブラッシングしたのちに、撥水スプレーをするのもアリです!

この撥水スプレーをするときは要注意!!

①あまり近くで振り掛けるとシミになるので要注意。

②絶対に振り掛ける前に裏の見えないところで試し掛けしてくださいね。

ムートンの場合裏面が毛なので脇の下の見えないところでするのがオススメです☆

③直接ムートンに吹きかけるのではなく、サーっと空気中にふりかけてその下を通すくらいのイメージで

やってくださいね。
かけすぎると革をかたくする恐れもあります。
以上の注意点に気をつけてやってみてくださいね☆
わからないことがあれば質問してください^^
革以外のことでもいいですよー
恋の悩みや、ドラクエの鍵のありか(ドラクエやらないのでわかりませんが^^;)なんでも

質問してくださいね☆

 

みなさまのお声お待ちしております!!!!

また、9NINELABELでは着なくなった毛皮、ムートン、レザーの修理やリメイクも承っております☆
「昔、高く買ったのに重たくて着れない。」
「捨てるにも結構な値段を出したのにもったいない。」
「今風にアレンジして着たい。」
などなどいろんなお声をお聞きします^^
どんなことでも結構ですので一度メールでご相談下さいね!!

9ninelabel@mine1971.com

☆お待ち致しております☆

 

 

シェアする



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です